シココログ!

心を整えて、止まっていた思考を目覚めさせるブログです。

間違ってること

ガラの悪い音楽を聴くとアドレナリンは上がるが人生は落ちる

更新日:

聴く音楽が悪いと、質の悪い人生の方向に進む。

 

 

良い音楽を聴かなければ良い音楽が作れないように、

 

 

悪い音楽をひたすら聴いても良い音楽は作れない。

 

 

 

 

 

 

 

良い人には良い人が集まるけど、悪い人には良い人は集まらない。

 

 

近寄らない。

 

 

避けて通る。

 

 

なぜか?

 

 

危険だから。

 

 

 

 

 

 

 

 

ガラの悪い音楽を聴いていないだろうか?

 

 

 

耳に入ってくる音楽を変えるだけで、人生が良い方向に変わります。

 

 

 

少なくとも悪い方向には進みません。

 

 

 

 

 

何のために音楽をかけていたのだろう。。。

 

 

 

流行っているから?

 

 

寂しいから?

 

 

退屈しのぎ?

 

 

 

 

 

ガラの悪い音楽を聴いている人に聞いてみると、

 

 

 

ただ流しているだけだという。

 

 

 

 

 

 

 

たかが音楽で人生が良い方向に変わるなんて。

 

 

 

と思うかもしれませんが、音楽療法という言葉を聞いたことがあると思います。

 

 

 

生理的、心理的、社会的、認知的な状態に左右する力があるといわれています。

 

 

 

日本にも音楽療法士という資格制度があるくらいです。

 

 

 

 

 

良くない音をただ流して耳に入れることは、

 

 

 

毒水と知らずにガブガブ飲んでいるようなものです。

 

 

 

 

 

何でもかんでも節制して、僧侶のように生きるということではありません。

 

 

 

メンターはよく口癖のようにおっしゃいます。

 

 

 

何もしなくてもよい。

 

 

と。

 

 

 

 

その理由は、一般大衆とカテゴリーされる人達は勝手に落ちていくらしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

良い音楽を聴こうとするのではなく、悪い音楽を聴かないようにする。

 

 

 

 

交通事故は安全運転してても起こります。

 

 

 

対向車が突っ込んできたら避けようがありません。

 

 

 

できることは、確率を下げることを減らしていくだけです。

 

 

 

 

 

悪い音楽を聴くのを辞めるだけで、悪い方向へ進む人生の確率を下げることができます。

 

 

 

攻撃的な音楽を聴くと、必然的に気性が荒くなります。

 

 

 

 

-間違ってること

Copyright© シココログ! , 2023 All Rights Reserved.